【塗り壁のお手入れのしかた】

 

 

  

 壁材の種類によりお手入れ方法が異なる場合があります。

 詳しくはお問合せください。

 

 壁材メーカーの推奨するお手入れ方法をご覧いただき、

 あらかじめ目立たない所で試してからお手入れをしてください。

 

 

☆普段のお手入れ

   毛のやわらかいホウキ、はたきでやさしく掃きます。

   上から下へ。左右方向に模様付けがしてあるものは模様の目に

  沿って掃いて下さい。

 

 

☆表面に汚れがついたとき

   消しゴムで上からたたくようにして汚れを取ります。こすると汚れが広がる

   ことがあります。

   メラミンスポンジや紙やすりで軽くこする方法もあります。

  こすりすぎると表面の状態が変わる場合があります。

 

 

☆コーヒーや醤油などのシミ汚れ

   家庭用漂白剤を4倍ほどに薄めてタオルなどに染み込ませ、

  汚れた面に塗布します。乾いた後、水を含ませて絞ったタオルで

  表面をたたき、漂白剤が残らないようにします。

 

 

※壁材によっては、変色したり劣化するなど水拭きに適さないものもあります。  

  あらかじめ目立たない場所で試し、変色しないことを確認の上、処理してください。

  油の染み込みは塗替えをお勧めします。

  <<<比較表